猫をゲンコツ枕して寝る身の回り

たえずウエザー見通しで日々のウエザーをチェックしているぼくだけど、それ以上に精密な商品がうちにいることに気付きました。それは猫。うちの猫はきっちり私の布団に入って来て寝るんだけど寒さの厳しかった真冬は私の乗り物の間で寝ていたんです。それはぼくにとっても温かくねこのおかげで流感を引かなかったような今冬でもありました。ただ最近は布団からはみ出して寝るようになってきたので「あー、春が近づいてきたんだな」って心から思います。けれどはみ出して寝てくれるならとてもいいんだけどぼくがあおむけで寝れば心の上で。うつ伏せの場合は背中。それがここ2~3日は私の二の腕を枕として寝るようになったのが実に困りものです。夜中にしっかり二の腕がしびれて起きてしまうんです。こういう年代になって何とか二の腕枕をすると二の腕がしびれるんだってことを知ったぼくです。少なくとも乗り物枕としてくれれば痺れることもなさそうなんだけど…と細身のくせに大して重たかった猫を恨めしく見てしまう。肩こりの原因もいかにもこちらのせいだな、とも。けれども乗り物の人間は寝相の酷い幼児のボディーが乗っかって来てるのでそっちは必然的に無理なのかもしれない(T_T)
まず、こうしたぼくなのに猫と幼児がピタリくっついて寝てくれるだけでも安堵しないといけないのかもしれませんね。大きくなった上のキッズの人間はぼくなんて見向きもしなくなりましたから(^^;)http://www.businessedirectory.com/